鳥筆タイトルWEB用.jpg

翼沙書藝館では、2021年8月からオンラインで、「鳥筆Relation」展を開催し、毎月新作を5点ずつ発表して参りました。 第10弾となる本展において、これまでの作品50点(新作を含む)全てを一堂に会し発表致します。作品のモチーフは、 万物を構成する4元素「地水火風」、美しい自然を表す「花鳥風月」、普遍の自然。鳥の羽を使った自作の筆を用い、大胆で 繊細な線を追求しました。

​スケジュール
​プロローグ:
5/10-5/22
​作品解説1:
5/24-6/5
​作品解説2:
6/7-6/19
​鳥筆茶会:
6/21-7/3
​Goods Show:
7/5-7/10
​2021/8/10-
2022/4/10
​ご来場は:5/22まで(要事前ご予約・無料)→ご予約はこちらから
鳥筆タイトルWEB用プロローグ.jpg
 
鳥筆とは? ↓をクリックしてください。
鳥筆とは
鳥筆とは

今回の展覧会のタイトルは「鳥筆Relation」。はじめに「鳥筆」についてご説明致します。→

press to zoom
鳥の羽で作られた筆
鳥の羽で作られた筆

「鳥筆」は、鳥の羽で作られた筆のこと(通常の筆は山羊や馬の毛など)。書道の文房四宝では、筆、とりわけ特殊筆のカテゴリーになります。→

press to zoom
書かれる過程
書かれる過程

書は、いつも書かれた結果が残ります。しかし、結果を見ただけでは、技法や道具の特性など、過程を窺い知ることはありません。鳥筆という特殊筆を使った超絶技巧、リズムや呼吸も含め、ぜひ書かれる過程も見て頂きたいと思います。

press to zoom
鳥筆とは
鳥筆とは

今回の展覧会のタイトルは「鳥筆Relation」。はじめに「鳥筆」についてご説明致します。→

press to zoom
1/10
情報のない表現
情報のない表現

書道は、道具が最も重要でありながら、「〇〇を用いたから、このような表現になった」という情報をほとんど聞くことがありません。→

press to zoom
受け継がれる表現
受け継がれる表現

私の場合は、「”私”が表現している」というのではなく、「人類叡智の結晶である文字というモチーフ」があって、それを表すために長年多くの職人さんたちの手によって、苦労と工夫を重ねて「完成されたお道具(現在進行形でもある)」によって、普遍の美を追求している、という作品制作、表現を目指しています。→

press to zoom
求道者として
求道者として

どこをゴールにして、何を目指すかは、書いていく中で見つける以外、方法はありません。→

press to zoom
情報のない表現
情報のない表現

書道は、道具が最も重要でありながら、「〇〇を用いたから、このような表現になった」という情報をほとんど聞くことがありません。→

press to zoom
1/10
鳥筆の表現とは? ↓をクリックしてください。
鳥筆タイトルWEB用作品解説1.jpg
 
鳥筆タイトルWEB用作品解説2.jpg
 
鳥筆タイトルWEB用茶会.jpg
 
鳥筆タイトルWEB用goods.jpg
 
鳥筆タイトルWEB用過去作品.jpg
 
​↑クリックしてご高覧ください。

過去の展覧会テーマ
vol.1 風-wind [2021.8/10-15]
vol.2 花-flower [2021.9/14-19]
vol.3 水-water [2021.10/12-17]
vol.4 空-sky [2021.11/9-14]
vol.5 日-sun [2021.12/14-19]
vol.6 地-ground [2022.1/11-16]
vol.7 火-fire [2022.2/8-13]

vol.8 月-moon [2022.3/8-13]

vol.9 天-heaven [2022.4/8-13]

hpnewtitle.jpg
↑HOMEへ戻る
  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • Twitter

Copyright 木村翼沙 本教材、および全てのコンテンツは、 著作権、知的財産権によって保護されています。

​許可なく一切の転載・改変・複製等を禁止します。