書家 木村 翼沙(きむらつばさ)

 

活動経歴

 

幼少より書を学び、大学時代より本格的に書活動を始める。京都教育大学大学院において「墨蹟の書法」の研究を行い、伝統書を中心に、漢字・仮名・現代書など、書の全てのジャンルを学び、様々な表現を模索し多数の作品制作を行う。国内外の公募展等、入賞入選多数。大学院修了後は、書壇を離れ、京都浄土真宗西本願寺派西本願寺にて筆耕最高峰の浄書勤務に従事しながら、初個展を行う。壮大なスケールを持つ書のインスタレーション作品は、このジャンルのパイオニアとして、木村翼沙の確かな技術力と共に、各方面で高い評価を得る。2009年から、取り組んでいる「鳥筆」作品では、筆を一から作るなどして、独自の表現を確立させ、新たなジャンルとして、国内外で個展を中心に意欲的に作品発表を続ける。近年は、書の普及教育活動に力を入れ、国内では木村翼沙書道教室を主宰し、オリジナルのカリキュラムで、幅広い世代に本格的な書の楽しみを伝える。また、国外では、世界各都市で書のパフォーマンスやワークショップ、展覧会などを開催し、独自の世界観と共に日本文化としての書を広める活動を行う。その他、プロダクトデザインARIとのコラボレーション展開として、書のカーペットなどのインテリア、また、書の衣装・アクセサリー・文房具など、幅広くオリジナルグッズの制作を行い「書のある暮らし」を提案する。

 

<近年の主な活動>

2018年

自身の主宰する書道教室において、2年に一度開催の「第五回木村翼沙一門展」を開催。

2017年

「MOA文化人類学博物館」(カナダ・バンクーバー)の特別企画展に出品

陶芸家の前川俊一・レギーナ夫妻と「SATO(インテリアショップ)」(スイス・チューリッヒ)で三人展

2016年

自身の主宰する書道教室において、2年に一度開催の「第四回木村翼沙一門展」を開催。

2015年

「正体漢字世界書道コンクール(台湾文化部)」優選賞受賞

(参加者8000余人中、毛筆部門上位30名選出)

2014年

自身の主宰する書道教室において、2年に一度開催の「第三回木村翼沙一門展」を開催。

家具作家などとのコラボレーションによる書のインテリアの提案として「7人のデザイン展」を開催。

「第22回甲午書法教學研究會適任書法教師證書」取得。

*「第22回甲午書法教學研究會(中華民国103年)」にて、唯一の日本人受講者として、書法教師考試を通過。

この試験は、台湾中から書道家及び書道教育者が集まり、書道教師の資質向上を狙った研究会で集中講義及び実技・筆記試験などを行う。

2012年

「第11回アジアフェスティバル」(バルセロナ)日本代表。

日本国際交流基金(所管官庁・外務省)マドリッド支部の招聘で、バルセロナにて毎年開催されるアジアの祭典に日本人代表として現地へ赴き、フラメンコ・ギタリストのPepe Camacho氏とパフォーマンス、スペインにおけるアジア文化の拠点・バルセロナモデルニスモ建築の代表として有名なカーサ・アジアにてワークショップ、サラゴサ美術館では講演会、国際交流基金マドリード日本文化センターにてワークショップを行う。

同年、「世界一周書の旅」を実施。シアトル日本領事館や京都市・フィレンツェ市・レウス市・各大学など、現地の各機関及び国内の関係者の協力を得て、世界各都市を巡りながら、現地のミュージシャンと書のパフォーマンス及びワークショップを開催。

アメリカでは、シアトル領事館主催の日本文化紹介キャラバンに参加し、シアトルからワシントン・モンタナ州を車で横断しながら、モンタナ大学など各大学で講演を行う。コロラドカレッジや州立大学では日本語を学ぶ学生に書のワークショップやパフォーマンスを行う。イタリアでは、京都市とフィレンツェ市の後援で、世界遺産ベッキオ宮殿内で、現地のオペラ歌手と共にパフォーマンスを行う。スペイン・レウスでは、レウス市美術館で個展を開催し、講演・ワークショップ・パフォーマンスを行う。また、市内及びタラゴサなどの小学校・高校で書道のワークショップを行い、書の普及啓蒙活動を行う。

以降、毎年世界各地の美術・書道遺産を巡る旅を実施。

2010年・2011年

社会文化人類学者・キュレーターの中村冬日氏の企画にて、オーストラリアやアルゼンチンで、日本を代表する現代書家として招聘され、作品発表・講演会及びパフォーマンスなどを行う。オーストラリアでは、オーストラリア国立大学にて、2016年愛知トリエンナーレの芸術監督を務める港千尋氏と共に、現地のアーティスト達と作品発表・パフォーマンスを行う。

アルゼンチンでは、国立東洋美術館主催の「「時の痕跡、言葉の痕跡:日本からのアーティスト展」にて作品発表・ワークショップ、アルゼンチン日本大使館にてワークショップ、ユネスコ指定のヴィクトリア・オカンポ邸では、世界三大オーケストラのトップチェリストNestor Tedesco氏とパフォーマンスを行う。

2009年

ニューヨークのカリグラフィー・アート専門雑誌「Letter・Arts・Review」23・3にて特集。

2008年

日本のカーデザインの草分け的存在であるプロダクトデザインARIを母体とするアクサンギャラリー(大阪・現アクサンミュージアム)企画にて、兵庫県立美術館ギャラリーの250坪の広大なスペースで、書家として初めて個展を開催。同展にて、チェロとバイオリンのデュオと共に書のパフォーマンスを行う。

 

<個展>

2012.11「Kimura Tsubasa Japanese Calligraphy Exhibition」Centre d'Art Cal Massó(レウス・スペイン)

2011.10「木村翼沙書展 鳥筆詩選」アクサンミュージアム(大阪)

2011.5「木村翼沙書展 鳥筆100」アクサンミュージアム(大阪)

2008.12「木村翼沙書展」アクサンギャラリー(大阪)

2008.11「木村翼沙10th書展」兵庫県立美術館(兵庫)

2008.9「木村翼沙書展」京都妙心寺隣華院(京都)

2007.12「木村翼沙書展10thプレ企画」アクサンギャラリー(大阪)

2007.10「第10回 書展-29.-」ギャラリーはねうさぎ(京都)

2007.9 「Public Art 木村翼沙書展」アステ川西(兵庫)

2006.12「木村翼沙書展」アートギャラリー作家さん(大阪)

2006.10「Crowded 3/3」ぎゃらりかのこ(大阪)

2006.9「Crowded 2/3」石田大成社(京都)

2006.8「Crowded 1/3 high」海岸通りギャラリーCASO(大阪)

2006.6「Crowded 1/3」ギャラリーはねうさぎ(京都)

2005.12「,and crowd lost.」ギャラリー蔵(京都)同時企画京都SHIPS MEN'S店店内演出

2005.9「After the Crowd」ギャラリーはねうさぎ(京都)

2005.4「Crowd」新風館3Fトランスジャンル(京都)

2004.9「鯨」Space Alternative Gallery(京都)

他、グループ展多数

 

<招待出品>

2011.3「時の痕跡、言葉の痕跡:日本からのアーティスト展」招待出品 Casa de Cultura(ブエノスアイレス・アルゼンチン)(日本人招待作家:木村翼沙・港千尋・湯上久雄)

2010.4「儚くも永遠なる言葉たち:アジアの面影」日本人招待出品 オーストラリア国立大学(キャンベラ・オーストラリア)(日本人招待作家:木村翼沙・港千尋)

2009.7 日本・ベルギー レターアーツ展 日本人招待出品 横浜BankArtNY(横浜)

(日本人招待作家:木村翼沙・浅葉克己・白井敬尚・遠山由美)

2007.4「第13回 尖展」招待作家 京都市美術館(京都)

2007.4「GJアートレインボー展」招待作家 ロストック美術館(ロストック・ドイツ)

2006.11第1回伊丹市蔵富都タウンミュージアム展示招待出品 重要文化財:旧岡田家住宅(伊丹)

(招待出品作家:木村翼沙・濱谷明夫・生形貴春)

 

<講演会・ワークショップ>

2012.11.9・16「Calligraphy Workshop」(Centre d'Art Cal Massó/レウス・スペイン)

2012.11.16「Calligraphy Workshop」(High school/タラゴナ・スペイン)

2012.11.16「Calligraphy Workshop」(Elementary school/Calligraphy Workshop/レウス・スペイン)

2012.11.15「Calligraphy Workshop」(Reus, Spain/Elementary school/レウス・スペイン)

2012.11.10「Calligraphy Lecture」(Centre d'Art Cal Massó/レウス・スペイン)

2012.10.31・11.1「Calligraphy Workshop」 (ソルトン・スイス)

2012.10.24「Calligraphy Workshop」(Palazzo Vecchio/フィレンツェ・イタリア)

2012.10.18「Calligraphy Workshop」(Colorado State University/Fort Collins, コロラド・アメリカ)

2012.10.16「Calligraphy Workshop」(Colorado College/Colorado Springs, コロラド・アメリカ)

2012.10.12「Calligraphy lecture」(Gonzaga University/Spokane,ワシントン・アメリカ)

2012.10.10「Calligraphy demonstration」(Montana State University/Missoula,モンタナ・アメリカ)

2012.10.9「Calligraphy demonstration」(University of Montana/Missoula,モンタナ・アメリカ)

2012.9.27・28「Calligraphy Workshop」マドリード日本文化センター(マドリード・スペイン)

2012.9.25「Calligraphy Presentation and Demonstration」サラゴサ美術館(サラゴサ・スペイン)

2012.9.22「Calligraphy Workshop」CASA・ASIA(バルセロナ・スペイン)

2010.2-2011.11現在まで毎月「木村翼沙書のワークショップ」(大阪)

2011.3「木村翼沙 書のワークショップ(初心者/上級者)」アルゼンチン国立東洋美術館(ブエノスアイレス・アルゼンチン)

2011.3「木村翼沙 書道の講演会」アルゼンチン日本大使館(ブエノスアイレス・アルゼンチン)

2010.11 第5回伊丹市蔵富都タウンミュージアム「書の体験ワークショップ」(兵庫)

2009.11 第4回伊丹市蔵富都タウンミュージアム「書の体験ワークショップ」(兵庫)

2007.9 「木村翼沙書展」ワークショップ アステ川西(兵庫)2005.10 四条京町家ワークショップ「自由に書を!~町家で楽しむ毛筆書~」(京都)

 

<パフォーマンス>

2013.1.18「アクサンミュージアム新年会書き初めパフォーマンス」with中国古筝奏者 際愛琴アクサンミュージアム(大阪) 以降毎年開催。

2012.11.17世界一周パフォーマンスwithギタリストMaurici Dalmau(Centre d'Art Cal Massó/レウス・スペイン)

2012.10.24世界一周パフォーマンスwith オペラ歌手遠藤美有紀・山口和江・佐藤ヒデノブ

(Palazzo Vecchio/フィレンツェ・イタリア)

2012.10.19世界一周パフォーマンスwith 琴奏者Yoko Hiraoka

(Colorado State University/Fort Collins,コロラド・アメリカ)

2012.10.16世界一周パフォーマンスwith チェリスト Erin Corner

(Colorado College/Colorado Springs, コロラド・アメリカ)

2012.9「フェスティバル・アジア Festival Asia 2012」withギタリストPepe Camacho(バルセロナ・スペイン)

2012.1「梅小路機関車館 新年書き初めパフォーマンス」梅小路機関車館(京都)

2011.10「木村翼沙書展鳥筆詩選 パフォーマンスwith ギタリスト田中彬博・尺八奏者岸本寿男」アクサンミュージアム(大阪)

2011.5「木村翼沙書展 鳥筆100 パフォーマンスwith ギタリスト田中彬博」アクサンミュージアム(大阪)

2011.3「Trazos de Palabras, Musica y Tiempo パフォーマンス with チェリストNestor Tedesco」ユネスコ指定 ビクトリアオカンポ邸(ブエノスアイレス・アルゼンチン)

2011.3「時の痕跡、言葉の痕跡:日本からのアーティスト展」オープニングパフォーマンスwithチェリスJavier Casa de Cultura(ブエノスアイレス・アルゼンチン)

2010.4「儚くも永遠なる言葉たち:アジアの面影」オープニングパフォーマンスwith ギターHeity オーストラリア国立大学ANU (キャンベラ・オーストラリア)

2008.11「木村翼沙10th書展コンサートwith バイオリニスト八幡順・チェリスト元井あづさ」兵庫県立美術館(兵庫)

2007.9 「木村翼沙書展」公開制作 アステ川西(兵庫)

 

<受賞等>

1998~2002年 讀賣書法展入選

1999年 現創会書法展特選若葉賞受賞

2000年 中国黒龍江省篆刻芸術展特別賞受賞2001年 全日本高校・大学生書道展書道展賞受賞

2001年 中国黒龍江省国際現代書法展入選個展(2002年以後、公募展活動一切停止)

 

<収蔵>

2013.2「ジャクソンプロジェクト作品」アランコレクション・エール大学美術館(ニューヨーク・アメリカ)

2008.9「木村翼沙書展」作品24点収蔵 京都妙心寺隣華院(京都)

2007.4「GJアートレインボー展」軸作品3点収蔵 ロストック美術館(ロストック・ドイツ)

2000.9 中国黒龍江省篆刻芸術展特別賞受賞作品収蔵 中国黒龍江省美術館(黒龍江省・中国)

2006.5 京都妙心寺隣華院平成大修理看板・木札書き 京都妙心寺隣華院(京都)

2001.8 中国黒龍江省国際現代書法展入選作品収蔵 中国黒龍江省美術館(黒龍江省・中国)

雑誌・新聞など

2017〜現在 奈良新聞「暮らしの中の書」連載中

2018「CANADIAN MUSEUMS ASSOCIATION」

2017「SAVVY」2月号「大人の手習い」

2012「JAF MATE NEO」年賀状特集記事
2012「A L'ULTIMA」新聞など レウスにて
2012「LA NAZIONE」新聞 フィレンツェにて
2011「Trazo de arte」新聞などアルゼンチンにて
2011「大人組」連載企画「ちょっとレクサスな女たち」
2010「大阪美術」特集
2010「和紙だより」表紙掲載
2009「Letter Art Review」 特集 from NY
2008 京都新聞「旬な人」一面カラー掲載
2008 広報「龍谷」第65号「龍谷人」卒業後活躍する人物
2007 日刊工業新聞「新・今創人(いまぁじん)」表紙掲載
2007「Letter Art Review」Vol.22 pp.34-36 magazine from NY
2007 Chapter 4 in Creativity and Cultural Improvisation, (eds.) Tim Ingold and Elizabeth Hallam,
Oxford: Berg, pp. 111-139 (2007).from London
2005 KYOTO LIVING新聞「特集・墨のアートで個性派年賀状」
2005 京都新聞「文化ニュース」
2005 週刊京都民報

お問い合わせ・ご質問など気軽にご連絡くださいませ。

*内容を確認後、2-3日中にご登録くださいましたメールアドレスに返信致します。

Facebookページもぜひご高覧ください。↓
ご登録はお済みですか?ぜひチェックしてください。↓
メルマガLPページ用タイトル.jpg

Copyright© since 2016 Tsubasa Kimura  All Rights Reserved.